« 〜ホントに春かな?〜 | トップページ | 〜摘み草〜 »

2013年3月10日 (日)

〜人に話せない事〜

     花粉や黄砂が吹く中・・・

家の中にっばかり居ても息苦しくて・・・

出掛けたくても車は代車・・・

二重にマスクをして出掛けた。富士山は霞の中。

歩きながら考える、心の痛みを聞いてくれる人が居ない。

嬉しい事や悲しい事、子供にも話せない我がままな心。

クー治は15年近く私の心を理解してくれていた、黄色と黒の大きなお目めが!

答えは「みゃ〜!」だけだったが私は癒されていました。

いなくなったクー治を取り戻す事は出来ませんが、大きなぞんざいに感謝です。

菜の花が咲き始めた、桃の蕾が少し膨らんだ。

来週はハーブの様子を見に行かなければ・・・大きくなっていると嬉しいな。

Dsc06156

                

Dsc06155

けーくんはお泊まりでサッカー倶楽部のみんなとディズニーへおでかけ。

うんと楽しんで来るといいよ、中学生になると忙しいから。

お勉強も頑張って! 変身して机に向かうけ−君を見たい・・・

| |

« 〜ホントに春かな?〜 | トップページ | 〜摘み草〜 »

コメント

クー治君はいい聴き手だったのね。
それはとても幸せなことだったのよね。
私も悩みを打ち明ける相手がいない、というより、悩みを知られたくないという思いの方が強いかな。
もちろんゴンにも話したりしません。

新しい家族になった小鳥さんと沢山お話をしてはどうかしら?
少しは気がまぎれないかな・・・

投稿: 山姥 | 2013年3月11日 (月) 00時10分

ペット とりわけ猫や犬って つらい事悲しい事 何言うでもなく黙って聞いてくれますからね そして全て受け入れてくれて だから癒されるんですね・・人間相手ではなかなかそうはいきませんからねー。山姥さんが言ってるように小鳥に向かって話したら 幾分気が楽になるかも。 

投稿: ハッピーのパパ | 2013年3月11日 (月) 09時43分

わかるなぁ。
文句もいわず、異論もいわずに黙って聞いてくれる… ぶう汰もたまに辛い時、猫たちとのあの日々を懐かしく思います。
心地いいのよね…

金魚でも鳥ちゃんでもない。あの長く一緒にいたからこその相手だからこそなんだろうな。
人でも動物でも吐き出せる相手がいるのも素敵だけど、
お互い何もいわなくてもなんとなく心が穏やかになれる。そういうのもいいと思う。
せせらぎさんが丹精込めて育てている草花たちだって眺めているだけで、強さやはかなさなどいろいろ感じてなんだか心がやんわりするんじゃないかな…。

投稿: ぶう汰 | 2013年3月11日 (月) 11時31分

山姥さん
ごぶさたでごめんね!クー治の事を心配してくれたみんなは今度私の事を心配してくれて・・・
 私も悩みなんかな〜い!風に暮らして来た。人からも「明るく大きな声で幸せそう〜」と言われていました。
そんな自分が好きでした。
悲しい心は知られたくないもんね〜
やまんばさんのこころに「はっ!」としました

投稿: せせらぎ | 2013年3月11日 (月) 18時55分

ハッピーのパパさん
動物の目が綺麗なわけは・・・
黙って受け入れてくれる心をうつしているよう。
 毎朝ニッキとハナは鳥かごの布をはずすと大騒ぎ。元気を貰っています。
ただすり寄って来ない、止まり木をせわしなく行ったり来たり・・・
 鳥だから仕方がないよね〜

投稿: せせらぎ | 2013年3月11日 (月) 19時01分

ぶう汰さん
ぶう汰さんにも猫と暮らしたあの日々があったんですね!

もう少ししたら私の相棒はいつもおんぶしながらペロペロしてくれた時のように背中を押してもとの私にしてくれると思う。

お兄ちゃんに頼まれたハーブが元気に育ち美味しい料理になってくれる事を期待して泣かない私になるね。

投稿: せせらぎ | 2013年3月11日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〜人に話せない事〜:

« 〜ホントに春かな?〜 | トップページ | 〜摘み草〜 »