« 〜立ち止まる春〜 | トップページ | 〜寒い雨〜 »

2017年3月30日 (木)

〜久しぶりの名古屋〜

宣告!

毎日明日があるものと思いながら淡々と暮らしている。
ある日医師から余命宣告を言われたら・・・
なんとなく高齢になると明日は分からないからしておきたいことは?と思う。
でも実感なんてわかずへらへらと暮らしてしまう。
余命宣告を受けた親族のお見舞いに出かけた。
どんな顔でいけばいいのか、どんな会話をしたらいいのか。
ずっと心が落ち着かず、その日を迎えた。
楽しい旅ならウキウキと走る高速も口数が減る。
夫殿の問いかけにも生返事になり「ムッ!」とされたが・・・
病室に入った時は暗い顔で声も小さく落ち込んでいる様子。
何も食べなくてね〜と不安顔の家族。
息子のお店のプリンを差し出したら一個食べてくれた。よかった〜
孫の自慢話が始まりだんだん笑顔が。
もう少し近ければ雑談で気を紛らわせるよう出かけて行くのに、さすが往復400キロはね〜
行きの重い心が少し軽くなったが。
帰り道赤塚SAで「五平餅」を食べる。大好きなんです。
Img_9142
パクリ一口食べた〜
Img_9143 食欲があることに感謝です。
夫殿に聞いた「余命宣告を受けたら何がしたい?何を食べたい?」
返事が出てこない、普通は考えないよね。
私はその場にならなければわからないが、ぼんやりと覚悟をしておきたい。
最近実家の名古屋行きはいいことで出かけることがない。
そんな年齢になった私たち夫婦です。

|

« 〜立ち止まる春〜 | トップページ | 〜寒い雨〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

余命宣告ですか そんな事言われたら確かに辛いですよね 私もつい最近ありましたよ 兄嫁の事ですが 見まいに行っても何を言っていいか分らずで ついにその日が 今から100日程前の事でしたが。

投稿: ハッピーのパパ | 2017年3月31日 (金) 08時51分

ご本人もお辛いでしょうけど、周りもどう接していいか、分からないですよね。
うちの父ももう緩和する治療しか出来ないんですが、結局みんな普通に接するようにしています。
宣告された期間よりも、長いか短いか、分からないですしねwink
五平餅、甘辛くて美味しいですよね!

投稿: イルカねこ | 2017年3月31日 (金) 16時47分

ハッピーのパパさん
医学が進んで余命が分かるのもね・・・
私は意気地なしですから余命を告げられたら立ち直れないかも!
でもだんだん歳をとれば覚悟ができるのかもしれません。
兎に角元気な今は楽しく暮らすことです。

投稿: せせらぎ | 2017年4月 1日 (土) 22時34分

イルカねこさん
お父さん体調が悪いんですか、心配ですね。
緩和治療のあり方もいい選択かもしれません。
普通に接する中に思いやりがあれば心がざわつくことも少ないでしょう。
 私は今回の出来事で悔いのないよう覚悟を決めなければと考えます。

投稿: せせらぎ | 2017年4月 1日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1338042/70101670

この記事へのトラックバック一覧です: 〜久しぶりの名古屋〜:

« 〜立ち止まる春〜 | トップページ | 〜寒い雨〜 »