«  〜色鮮やか〜 | トップページ | 〜文月を暮らす〜 »

2017年7月22日 (土)

〜古希〜

夫殿の誕生日・・・

先日夫殿はめでたく古希を迎えた。
長年かけている生命保険からお祝い金が出る。
その日まで生きていなければと口癖のように言っていた。
本当は私秘密にしていた、が保険会社の方が来て内容確認をした。
夫殿がその場にいたのでバレた!
俺のもの!と喜んだのだ。
誕生日の日息子からはもちろん誰からも誕生日祝いがない、メールもこない。
なんか情けないな〜
還暦の祝いもしなかった、仕事が忙しかったから。
家族でお泊りのお祝いをした友人もいるのに。
「今の人は還暦もましてや古希や喜寿なんて知らないよ!」と友達が言った。
夫殿は言う「俺自分の親にも何にもしてあげなかったからな〜」
いつもの日と変わらない1日が終わった。
Img_9428
私からの贈り物、読んでみて〜

|

«  〜色鮮やか〜 | トップページ | 〜文月を暮らす〜 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
旦那様の古希、おめでとうございます。
この手のお祝いって、それこそ、人それぞれですよね。父も母も、還暦の時、「まだ年寄り扱いされたくない」という感じでしたし(私がお祝いをしようとしたら拒否されました…)、母の古希については、私のほうから「まだそんな年にはぜんぜん見えないわよね、お母さんは」と、お祝いが代わりに言いました…母は、「こういう祝いでさらに老けてしまう~」なんて言っていましたし…
でも、お誕生日は何歳になっても祝いたいですよね。

投稿: きいろひわ | 2017年7月23日 (日) 18時38分

きいろひわさん
そうなんだ!改めて歳をを意識するかもね〜
昔は寿命が短かったからお祝いをしたのかも?
60歳を境にお祝いがあるもんね、日本だけかな?中国にもありそうだね。
 子供って案外親が元気だと何歳かな?なんて思わないでしょう。

投稿: せせらぎ | 2017年7月23日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1338042/71213307

この記事へのトラックバック一覧です: 〜古希〜:

«  〜色鮮やか〜 | トップページ | 〜文月を暮らす〜 »