« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月18日 (月)

〜生きる〜

こんな形のお見舞い・・・

昨年従姉妹がくも膜下出血になり手術をしましたが長い間目が覚めなかった。

一時家族は最悪のことも考えただろう。

そんな心配の中先月本人からメールが送られてきた。

私は驚いてすぐに返信を送った。

その後私の家の前の病院へ転院してきた。

すぐにお見舞いに行きたかったがコロナ感染予防で面会できない。

メールのやり取りで様子を想像していた。

昨日電話がかかってきた。

病棟の東の二階の窓まで来ていると!

私は携帯片手に走って顔を見に窓の下へ行った。

元気そうな声、あんなにおしゃれだったのに髪は白髪、わずかな時間だったがホッとした。

文明の力、携帯電話にありがたみを感じました。

「会いに来てくれてありがとう、嬉しかった」とメールが来た。

従姉妹とは暮らしが違って贅沢もできない私ですが人生ってわからない。

そばにいますからできることはしてあげたい。

もし立場が変わって私のとき誰もしてくれなかったら ガッカリするけれどそんなもんと思うようにするよ。

リハビリ大変らしいが歩けるように頑張ってほしい。

| | | コメント (2)

2022年4月15日 (金)

〜台風1号〜

もう台風の話・・・

台風1号が強いんだって!

遠くにいるのに波の影響で東名高速由比あたりが心配だって。

まだ桜全然が上っている最中ですよ!

これから次々に来るだろう台風 大きなものは遠慮します。

 

気温も夏日だったのに今日は寒い。

夫殿は半袖を着ていたのに今日は厚着をしています。

猫たちも寒いのでそばから離れません、今夜は猫コタツにもスイッチをオンにしてあげました。

 

寒くても暑くても庭の植物は力を蓄えて大きく伸びています。

柿の枝の剪定をしたいと言ってチェンソーまで買ったのに息子の手を借りたかった夫殿!

重い腰を上げてやっと枝を切っていた、さすがに大きな枝には挑戦できず・・・

近所の方に「もう柿の剪定には時期が遅いよ」と言われててた。

2月がいい時期と知っている夫殿ですがチェンソーを使うのに手間取ったんです。

その柿も若葉が大きく広がり始めました。

Img_2177d

新芽を摘んで天ぷらにして食べたいくらい。

花芽がついたら消毒だね。

秋の収穫を楽しみにしましょう。

 

満開に咲き出したビオラの鉢。

摘心をしてあげたらまた咲き出すと知った。

まだ咲いている茎をカット、捨てるのには可哀想なので土に挿したらついた。

残りはテーブルに飾りたいが我が家にはやんちゃ兄弟がいます!

海苔の瓶の中へかくまってテーブルの上に置いた。

 

Img_2174d

こんな風にしてみたが。猫たちは気づかなかった。

毎日変わりなく暮らせていることに気がつかなければそして感謝しなければ。

だがわがままバァバは会いたい人たちのことばかり思う。

| | | コメント (2)

2022年4月 6日 (水)

〜門出〜

お嫁さんから孫娘の入学式の写真が送られてきました・・・

なかなか忙しいらしくてメールも届かなかったこの頃でした。

しばらく会っていない孫娘がスーツ姿でパチリ。

すっかり大人びて私が初めてお嫁さんにあった頃にそっくり、親子ですね〜

アメリカへも時差があるがお祝いのメールを送った。

息子は帰国して娘の晴れ姿を見たかっただろうお祝いもしたかっただろうが・・・

たった7人の私の家族ですがそれぞれの場所で頑張っています。

18歳が成人となった、ということはみんな大人になったんだ。

子供がそして孫が幼かった時 今を想像できなかったな〜

なんか嬉しくて胸が熱くなった。

 

散歩道はウグイスがなき葉を落としていた木も小さな若葉が出てき始めた。

Img_2162

足元の葉の上ではてんとう虫が・・・

Img_2170d

もう鯉のぼりが泳いでいました。

この鯉のぼりの持ち主も大きく成長して来ましたから後どの位この景色も見られるかな?

自分の健康に注意しながら家族を見守っていこうと思う。

| | | コメント (2)

2022年4月 4日 (月)

〜虹だよ〜

夕ご飯の支度をしていたら・・・

Img_2156

外には二重の虹が出ていました。

先日頃は桜も満開で暑いくらいのお天気だったのに・・・

雨が降り出したら気温が下がり始めて2月の気温だって!

満開の桃の花は雨に打たれて散り始めた。

Img_2142

せっかくの花吹雪は!

Img_2143d

無残にも冷たい雨の中散っていきます。

Img_2141d

猫たちはコタツの中に潜っています。

夕ご飯の支度を始めたらなんか外が明るくなってきた。

窓の向こうに大きな虹がかかっていました。

そうかパチリを・・・

ウエザーニュースにも送ろう。友達にも見せてあげよう。

猫たちも出窓に登ってきて一緒に眺めた。

何かお願いしたら叶うかな?そんなことを思う虹でした。

| | | コメント (4)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »